パークハイアット東京

所在地:東京都新宿区西新宿3−7−1−2
Tel:03−5322−1234 
Tel:0120−448−558
(24時間受付宿泊予約専用フリーダイヤル)
Fax:03−5322−1288 
 
パークハイアット東京は、新宿新都心の超高層ビル「新
宿パークタワー」の39階から52階を占め、客室数を
177室に限定したホテルです。

大都会の喧騒とは対照的な芸術性溢れる静かな空間は
まるで邸宅に招かれたようなゆったりとしたくつろぎを演
出しいます。

きめ細かなパーソナルサービスは、国内外のエグゼクティ
ブからも高い評価を得ています。

海外有名アーティストの常宿にもなっています。

レストランやバーはそれぞれ独創的なインテリアが配され、
厳選した食材を生かした料理と素晴らしい眺望が常に新鮮
です。

このホテルのレストランはお勧めです。最高の時間を演出
してくれます。

宿泊したことはありませんが「ニューヨーク グリル」で
食事をしたことがあります。料理、サービスともに満点で
す。

サービスにお金を払ってもいいと思えるホテルでしょう。

あなたの一番大切な方と是非ご利用ください。

(ここに記載した情報は正確でない場合も有りますので必
ずハイアットにご確認ください。ここに記載された情報に
よって損害が生じても一切の責任はありません)

グランドハイアット東京&センチュリーハイアット東京

あなたはどのブランドがお好きなのでしょうか。

全てのハイアットにお泊りになった方もいらっしゃるかも
知れませんね。

それぞれ各ブランドから代表的なホテルをご案内しましょ
う。
 
グランドハイアット東京

所在地:東京都港区六本木6−10−3
Tel:03−4333−1234
Fax:03−4333−8123

宿泊施設
スイートルーム28室を含む389の客室すべてに、高
速インターネット接続(無料)、電話2回線、フラット
テレビ、DVD/CDプレーヤー、ボイスメール、ウェット
エリアとパウダー ルームが独立した余裕あるバスエリ
アを完備しています。
   
レストラン・バー
デザインとクオリティ、そしてサービスにこだわりをも
つ直営の10のレストランとバーが魅力です。  
   
会議・宴会施設
13の宴会場とグランドチャペル、神殿、レストラン内
のプライベートダイニングルームなどがあります。  
   
サービス
24時間コンシェルジュサービス
エクスプレスチェックアウト 他

一度出張で利用しましたが、とてもゆったりしていて落
ち着けるホテルでした。



センチュリーハイアット東京

所在地:東京都新宿区西新宿2丁目7番2号
Tel:03−3349−0111
Fax:03−3344−5575

スタイリッシュモダンと伝統が絶妙にミックスされたイ
ンテリアデザインに、上質なマテリアルを惜しみなく使
用した快適な客室は744室。

アーバンホテルならではの機能も充実しており、高速イ
ンターネットはもちろん、ファクシミリ用回線など全室
でご利用が可能です。現代のビジネスシーンにも対応し
た、最新の設備とサービスを整えております。

こちらも家族旅行で利用しました。新宿にも近く、サー
ビスも良かったです。


(ここに記載した情報は正確でない場合も有りますので
必ずハイアットにご確認ください。ここに記載された情
報によって損害が生じても一切の責任はありません)

ハイアットホテルブランド

ハイヤットには4つのホテルブランドが存在します。

『グランドハイアット』『ハイアットリージェンシー』
『パークハイアット』『リゾートアンドスパ』です。

それぞれに特徴がありますのでご紹介します。

『グランドハイアット』

4つのブランドの中でもっとも格が高く大規模は旗艦ホ
テルです。都心の一等地にあります。

『ハイアットリージェンシー』

創業以来の機軸ブランドで、地方都市にも展開するビジ
ネスやレジャーに対応した幅広い客層をターゲットにし
たホテルです。

『パークハイアット』

客室数を少なくし、きめ細かいサービスを提供するホテ
ルです。

『リゾートアンドスパ』

リゾート地に展開するホテルです。


現在ハイアットは日本で3ブランドの8つのホテルを展
開しています。

○  『グランドハイアット』ブランドとして

    グランドハイアット東京
    グランドハイアット福岡

○  『ハイアットリージェンシー』ブランドとして

    センチュリーハイアット東京
    ハイアット・リージェンシー・オーサカ
    ハイアット・リージェンシー福岡
    ハイアット・リージェンシー京都
    ハイアットリージェンシー箱根・リゾートアンドスパ

○  『パークハイアット』ブランドとして
    パークハイアット東京

(ここに記載した情報は正確でない場合も有りますので
必ずハイアットにご確認ください。ここに記載された情
報によって損害が生じても一切の責任はありません)

ハイアット グループ

ハイアットは単体の企業ではありません。ハイアットはプ
リツカー家によって所有されているグローバル企業『マー
モングループ』の125以上の企業の中の一企業です。

ちなみにこの『マーモングループ』は2005年総体的な
収益が59億ドルを上回った企業体です。

ハイアットの歴史は一面では買収の歴史でも有りました。
2004年12月、投資会社ブラックストーングループが
プライムホスピタリティーの買収により得た、アメリスイ
ーツチェーンのホテルを受け継ぎました。

アメリスイートチェーンはハイアットプレイすとして生ま
れ変わりました。これによりハイアットはマリオットやヒ
ルトンと競合する国際ホテルになりました。

さらに2005年12月、同じくブラックストーングルー
プがウインダムインターナショナルの買収によって得たサ
マーフィールドスイーツチェーンを受け継ぎ、ハイアット
サマーフィールドスイーツとして高級長期滞在者向けに展
開しています。

現在世界43カ国でホテルとリゾート合わせて215軒の
ハイアットがあり、合計90,000以上の部屋が有りま
す。さらに49軒のハイアットホテルとリゾートが現在開
発中となっています。

(ここに記載した情報は正確でない場合も有りますので必
ずハイアットにご確認ください。)

ハイアットのご紹介

ハイアットにお泊りになろうとしている方へ

ハイアットはすばらしいホテルです。

ハイアットはハイアット ホテルズ アンド リゾーツ(Hyatt
 Hotels and Resorts)が、世界規模で展開する大型
ホテルチェーンです。

まずその歴史をご紹介しましょう。

創設者はシカゴの大資産家であるプリツカー家が、1957年
9月27日にロスアンジェルス国際空港に隣接した200室あ
まりの一軒のホテルを買収したことから始まりました。

1962年にはそれまでに買収した数件のホテルを経営する会
社として『ハイアット・コーポレーション』を設立。

その後、1969年には米国、カナダ、カリブ海地域以外の国々
でホテルを運営する別会社の『ハイアット・インターナショナル・
コーポレーション』を設立しました。

1969年ハイアットは最初の海外ホテル、『ハイアットリージェ
ンシー香港』をオープンさせました。

1980年には『グランドハイアット』『パークハイアット』の二つ
のブランドを展開。

1980年の『ハイアットリージェンシーマウイ』のオープンによっ
てハイアットは広く世界に知られるようになりました。
 
現在この二つのグループはシカゴを拠点とする『グローバル
ハイアット コーポレーション』により運営されています。

(ここに記載した情報は正確でない場合も有りますので必ずハイ
アットにご確認ください。)